« My Brother Bernadette (Yellow bananas) | トップページ | Haunted Castle on Hallows Eve (MTH#30) »

2009年8月23日 (日)

Monster Eyeballs (Blue bananas)

Monster_eyeballs
【Monster Eyeballs (Blue Bananas)】
to Amazon
Author: Jacqueline Wilson & Illustration: Stephen Lewis
========================
[SSS書評]  YL: 1.3  総語数: 923
========================

Kateは学校が大好きな女の子。でも、ひとつだけ問題なのはクラスのいじめっ子のMark。Kateにいろんな意地悪をしかけてきます。KateはどうやってMarkに対抗する?
【SSS書評より】
●●●
せっかくなのでもう一冊Jacqueline Wilsonさんのお話を借りてみました。あ~、あるある。。。とどこかで自分も体験したような懐かしい感じのお話ですが、児童書では一般的な高めのテンションのハッピーエンドではなく、なんかこう、自然なハッピーエンドという感じが読みやすかったです。happy01
◎◎◎
LRbanana「Blue bananas」の中の1冊です。
________________________
 英語のご飯 yum-yum ! : 1,033,475 / 3,000,000
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|

« My Brother Bernadette (Yellow bananas) | トップページ | Haunted Castle on Hallows Eve (MTH#30) »

◆YL:1.0~1.9」カテゴリの記事

◎児童書:4-8」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆

前日の記事を見て知ったのですが、JW作品をまだ未体験だったのですね!私はてっきりLizzieあたりを読まれていたと思っておりました。

実は、このMonster Eyeballsは未読なんですよ、私。JW作品を制覇しようと密かに思ってはいるのですが、この作品に限ってはまだ持っておりません。制覇が視野に入ったら、その時入手しようかと思っております☆

彼女の作品は、好き嫌い、賛否両論かと思いますが、リアルなフィクションだと思います。なので、中には本当に落ち込んでしまうような話がありますが、最終的には救われるので、何冊も読み続けられています。イギリス口語で書かれている部分も面白いので、また機会がありましたら是非、他の作品も手に取って頂けたらと思います♪

投稿: りとる | 2009年8月24日 (月) 11:47

●りとるさん♪
そうなんですよー。(^^ゞ実は未体験で。
りとるさんのファンタジーと似た感じで私はノンフィクションで感情が引っぱられてしまう感じの作品がちょっと苦手なので、JWさんの作品にはなんとなく尻込み気味だったのです。coldsweats01

でも、りとるさんをはじめ皆さん楽しんでらっしゃるので、機会があったらりとるさんに入門編として私でも楽しめそうな「軽めでラストは(できるだけ)スカッとしている」JW作品を薦めていただこうかな~なんて思い始めていたところでした。(^^ゞ

お時間がある時にでも2~3冊オススメ教えてください~♪
よろしくお願いいたします。

投稿: なぎ | 2009年8月24日 (月) 13:57

再びこんにちは☆

いやぁ、仕事をしていない訳ではないんですよ(汗)。忘れないうちに3冊紹介しておきます。と言っても方々で目にしている冊子ばかりかと思います☆

やっぱりタドキストさんお気に入りと言えば、Lizzie Zipmouth。多くの方が読まれて気に入られているので、胸を張って紹介します(笑)。

それからSleepovers。こちらもタドキストさんに人気かと。ただ途中で少々辛くなるかもです(汗)。

そしてThe Cat Mummy。何人かのタドキストさんが読まれた記事を読みました。少し重めの話ですが、なかなか考えさせられます(軽めのお話と言うリクエストを無視してスミマセン・汗)。

ちなみに上記全てYL:3です。

JW作品は、基本的に最後は救われます。心底ハッピーにならないとは言え、ちゃんとハッピーエンドです(読了後、ハッピーとは言えズシーンと重いのもあると思いますが・汗)。

あとJWには“当たり障りのないシリーズ”と私が勝手に決めているものが何冊かあるのですが、前記事の“My Brother Bernadette”もどちらかと言うとこの部類に入ると思います。とりあえずLizzieを挑戦して頂き、大丈夫ならば他のも手に取って頂けたらと思います☆

多分、私の場合、JW作品はリアル=英国の生活を感じられると言うことで過小評価している部分が大いにあると思います。なぎさんが仰る“ノンフィクション”の感覚、分からなくもないです。私もかつてそうで、ファンタジーを好んでおりました(FF好きなもので・笑)。ただ多読を始めてから、逆転してしまいまして・・・すごく不思議に思っているのですよ(笑)。

投稿: りとる | 2009年8月24日 (月) 14:32

●りとるさん♪
またまたこんばんはです~☆

早々のコメントありがとうございますっ。(^o^)丿
いえいえ、そんなお忙しいのにすみません。(^^)
Lizzie Zipmouth
Sleepovers
Cat Mummy
ですね♪
りとるさんのお墨付きなら間違いなし・・・と、さっきAmazonの欲しいものリストに入れておこうと思ってこのうちのひとつを選んだら、すかさず、りとるさんオススメの他の2冊も「これを買った人は・・・」でAmazonから?オススメされました。(笑)
この3冊は押さえどころなのですねー。(^^ゞ
近いうちにLizzie Zipmouthにチャレンジしてみたいと思います♪

“当たり障りのないシリーズ”って面白ーい。(笑)(^o^)
Monster Eyeballs ももれなくそのシリーズに追加されそうな気がします。(笑)
「基本的には最後は救われる」とのことなので、チャレンジ本はリラックスしながら読みたいなと思っておりますが、りとるさんがファンタジー路線からノンフィクション路線に移行されたというのがとても興味深いです。
不思議ですね!
私もゲーム好きファンタジー大好きなのですが(笑)、ノンフィクション・アレルギー?が少し変化するかもしれないんだーとちょっとワクワクしてきました。
Lizzie Zipmouthがますます楽しみです♪
いつも参考になるお話ありがとうございます。(^o^)丿

投稿: なぎ | 2009年8月24日 (月) 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/45973015

この記事へのトラックバック一覧です: Monster Eyeballs (Blue bananas):

« My Brother Bernadette (Yellow bananas) | トップページ | Haunted Castle on Hallows Eve (MTH#30) »