« Dingoes at Dinnertime (MTH#20) | トップページ | Encyclopedia Brown: Boy Detective (EB #1) »

2009年3月17日 (火)

ミステリースピーカーズ (SPACE ALC)

「スペースアルク」のコンテンツの1つ、「ミステリースピーカーズ」

アルクの月刊誌『ENGLISH JOURNAL(EJ) 』で連載中のヒアリングクイズをWEBでトライすることができます。
(おおよそ1ヶ月に1回程度の更新なのですが、必ず○○日に更新とかでないのと、バックナンバーが掲載されていないので、時々うっかり見逃してしまうのがたまにキズ。sweat02)

音声をスタートさせると、例えば机や椅子のような「モノ」が自分のことを説明してきて話しているのが誰(何)なのかを当てるクイズなのですが、正解はものすごく身近なものなのにスピーカーの話し方にかなりクセがあったりして「はぁ?」となることもしばしば。
私レベルでは手ごわいことが多いものの、たまーに当たるので(←非常に何回も聞きます。(笑))ついつい熱くなりハマってしまいます。

この形式でレベル別になっていて、どんどんチャレンジしていけるような教材があったら嬉しいのに。bud


今回、数ヶ月ぶりくらいの耳試しの結果は、、、
以前より聞きとれているような。。。気がしないでもない。(笑)
でも、少なくとも以前より楽しめていたのは確かかも。chick
これも多読のおかげなのかなー。catface

yum-yum restaurant

|

« Dingoes at Dinnertime (MTH#20) | トップページ | Encyclopedia Brown: Boy Detective (EB #1) »

♪つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

早速やってみましたが、これ、すごく面白いです!
このナレータの渋いイギリス英語も素敵です♪
それからスクリプトや単語の注釈まであって、すごいと思いました。いやぁ〜楽しかった。
こんな良いツール(サイト?)を紹介してくださって、ありがとうございます。私もちょくちょくチェックしてみます☆

投稿: りとる | 2009年3月24日 (火) 21:04

●りとるさん!
こんばんは~(^^)

喜んでいただけて嬉しいです~happy01heart04
面白いですよね!このクイズ!!happy02
『渋いイギリス英語』なんて、わかっちゃうんですね。
りとるさんは。素晴らしい。shine
私もそうなれるように頑張ろう・・・。(笑)(^^ゞ

そうそう、スクリプトもちゃんとあるので勉強にもなるし、
毎回スピーカーのキャラクターが違うのがまた魅力なんですよ。
ロマンチストっぽい女性の声だったり、べらんめぇ調の
おじさんだったり、、、(笑)

ぜひぜひチェックしてみてください☆(^o^)丿

投稿: なぎ | 2009年3月25日 (水) 03:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/44374014

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリースピーカーズ (SPACE ALC):

« Dingoes at Dinnertime (MTH#20) | トップページ | Encyclopedia Brown: Boy Detective (EB #1) »