« Mr. Putter & Tabby Make a Wish | トップページ | 60万語を超えてみて »

2009年2月18日 (水)

The Complete Tales of Winnie-The-Pooh

The_complete_tales_of_winniethepooh
【The Complete Tales of Winnie-The-Pooh】
to Amazon
Author: Alan Alexander Milne & Illustration: Ernest H. Shepard

========================
[SSS書評]  YL: 5.5  総語数: 48,096
========================

A. A. ミルンの名作『Winnie-the-Pooh』(邦題『クマのプーさん』)『The House at Pooh Corner』(邦題『プー横丁にたった家』)が一緒になった美しい完全復刻版。
クリストファー・ロビンに「世界中でいちばん好きなのは何をしているとき?」と尋ねられたプーは、しばらく考えこんでこう答える。
ぼくが、世界中でいちばん好きなのは、コブタといっしょに、きみに会いにいくことだよ。すると、きみが「何か少しどう?」って言うから、ぼくは「少しなら食べてもかまわない。きみはどうかな、コブタ?」って言うんだ。それで外はいいお天気で、鳥が歌っているの。。。
【Amazon商品説明より】
●●●
存在はもちろん知っていたけど、ディズニーとは縁が薄かったのでお話は知らなかったクマのプーさん。こういうお話(キャラ)だったんだー。notes そして、この本に出てくる Christopher Robin という男の子は作者 Alan Alexander Milne の息子さんなんですね。自分が出てくる絵本なんて。。。楽しいだろうなー。heart04
実はこんなにYLが高いとは思ってなかったので開けてビックリだった1冊になってしまいましたが(笑)、そんなレベルでもプーさんのふとした一言になんだか愛着がわきました。この本の行間が読めるように楽しめるようになれたらいいなー。
ピグレットが大好きな知人の気持ちがちょっと理解できたり。happy01
◎◎◎
ぷはーーーっ。wobblydashsweat01
感想はできるだけ爽やかに書いてみたものの、正直、溺れるかと思いました。(笑)ハリポタに向けて?語数の多い本を易しい本と組み合わせて読む練習をしてみたのです。・・・が、分厚いとは思ったけど、絵本だったのでこんなに語数があるとは思っておらず・・・coldsweats01 しかもレベルも思った以上に高かった。coldsweats01 YL:5.5 で340ページは久々にマジでつらかったッス。shock 全然 Happy Reading ♪じゃなかったりして。sweat01
でも体育会系体質なので終わってみるとすがすがしいですね。(笑)
一度読んでみたいと思っていた本だったし♪
で、、、sweat02
なんと気づいたらもう60万語超えだー。coldsweats02 ひゃー。
あっという間にハリポタに近づいてきてちょっぴしビビリー。(笑)catface
________________________
 英語のご飯 yum-yum ! : 608,628 / 1,000,000
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

<<追記>>
何が難しかったか自分への忘備録。

◎キャラクター達の世界観がかなり自由なのでストーリーの流れや会話の予測がつけにくかった。(アリスの時を思い出す・・・)
◎情緒的(口語的?)な表現が含まれているせい(かどうか正確には比較できないけど(笑))なのか、関係代名詞・倒置・省略+構文?などがカンマで何ヶ所も区切られながら、1つのセンテンスが4~5行にわたることもしばしばで、途中でさまよってしまいかなり読みにくかった。
◎同じ「しょげている様子」でも、がっかりしていたり自分を卑下していたり、ちょっとしたニュアンスが含まれている形容詞や副詞などが色々使われてたので知らない単語が多かった。もちろん植物の名前など他にも知らない単語は満載。

・・・少し難しくてももうちょっと常識的な流れなら少しは読みやすいのかな。。。
 

|

« Mr. Putter & Tabby Make a Wish | トップページ | 60万語を超えてみて »

◆YL:5.0~5.9」カテゴリの記事

◎絵本」カテゴリの記事

コメント

うっわー5万語近いじゃないですかーsign02
よくがんばりましたgood
ディズニーのプーさんより、原作のイラストのプーさんの方が優しい感じがしていいですね。

ディズニーランドのプーさんのアトラクションを待つ為の列を作るところに、プーさんの原作?の本の巨大版みたいのが建ってて、それをたいして読めもしないのにちらちら読むのが楽しかったです。

投稿: しろぱん | 2009年2月18日 (水) 21:15

あ、しまった。
60万語通過、おめでとうございますbirthday

投稿: しろぱん | 2009年2月18日 (水) 21:18

●うぇ~ん、しろぱんさーんcrying
いくら知らないで選んできたとはいえ、何度しろぱんさんに
泣きのメールを入れようと思ったことか。(笑)
でも、そんな余裕すらなかったんですよー。(笑)
ここ数日はネットもほとんどおあずけ状態で追い込みでした。。。
マジ合宿ッス。coldsweats01
なので誉めてもらって嬉しいー。(笑)happy01(子供か。)

そうそう、原作のプーさんの方が温かな感じがいいですよね。
私も全般的にキャラクターは原作の方が好きかも。
巨大な原書!?
ディズニーランドに(かなり昔)行った時でもプーさんなんて
今まで見向きもしなかったんですが(笑)、今度いく機会が
あったら巨大本を確認しに?立ち寄ってみよ~。

はー。60万語ありがとうございます~note へへ。

投稿: なぎ | 2009年2月18日 (水) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/44016223

この記事へのトラックバック一覧です: The Complete Tales of Winnie-The-Pooh:

« Mr. Putter & Tabby Make a Wish | トップページ | 60万語を超えてみて »