« Nate the Great and the Boring Beach Bag (NTG#10) | トップページ | The Big Picture (CER1) »

2008年10月20日 (月)

Help! (CER1)

Help
【Help! (Cambridge English Readers: Level 1)】
to Amazon
Author: Philip Prowse

========================
[SSS書評]  YL: 1.4  総語数: 4,578
========================

自分の作品を一度も書ききったことがない(自称?)小説家のFrank 。そんな Frank 宛に、ある朝、アメリカの映画会社から、以前 Frank が途中まで書いた作品を映画化したいという手紙が届く。Frank は契約金と優秀なヘルプソフトが入った最新のPCを手に入れて続きを書き始めるのだが・・・
●●●
途中、「ええ~?それはないのでは?」という突っ込みを入れたくなる場面がありましたが、それも結局笑える結末でした。(笑) PCの便利機能に頼るのは悪いことではないけれど、PCに使われないように私も気をつけなければ。bleah
◎◎◎
語数もあるのでどうかなーと思いましたがぐんぐん読み進められて wpm も 100 と好調。good 思ったよりずっと読みやすかったです。やっぱり Cambridge とは相性が合う気がするな~。catface
________________________
 英語のご飯 yum-yum ! : 110,439 / 1,000,000
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|

« Nate the Great and the Boring Beach Bag (NTG#10) | トップページ | The Big Picture (CER1) »

▼GR_YL:1.0~1.9」カテゴリの記事

コメント

この本は別に面白いわけではないんですが、妙に考えさせられてしまいますよね。

そういった意味では、読み応えがあったと言うことなんでしょうか。どうかねぇ。

投稿: 木下 | 2008年10月20日 (月) 23:21

●木下さん
私的には、むしろ日本語だったらわかり易すぎ~くらいのストーリーの方が、落ち着いて英語での言い回しなどを噛みしめる?余裕ができるのかもなぁと、できるだけどんな話でも前向きに楽しむように心がけてますが、そこそこミステリー系な本を読み慣れている人にとってはストーリー的に爽快感はないかもしれないですよね。(笑)

でも、すごく読み易かったし、教材としてはいい感じかも~という感想でした。catface

投稿: NAGI | 2008年10月21日 (火) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/42792100

この記事へのトラックバック一覧です: Help! (CER1):

« Nate the Great and the Boring Beach Bag (NTG#10) | トップページ | The Big Picture (CER1) »