« Marcel and the Shakespeare Letters (PGR1) | トップページ | Marcel Goes to Hollywood (PGR1) »

2008年10月18日 (土)

10万語を超えてみて

10万語、やっとこ超えました。happy01notes わーい。

タドキスト・しろぱんさんのアドバイスで少しリーディングスピードも意識するようにしながら読んでいますが、それもだいぶ以前よりスムースになってきている気がします。

10万語超えの感想はといえば、GR と児童書は全然違う味があるんだなと思ったことかな~。
GR は使われている語数も制限されているので、ある意味教科書的な印象で、児童書は生活密着型って感じがします。
(当たり前っちゃ当たり前ですが。coldsweats01)

美しい?文法を GR で味わい、感情表現や、例えば、tin、can、bin など、日常生活でちょっとした区別があるアイテムなどなどを児童書で学ぶのが今の私にはとても有意義。flair

SEG で本を借りる時に時間があれば、以前借りてきたことのある Oxford Reading Tree のシリーズの続きを読んでくるのですが (これは筋トレのつもりなのでカウントしていません)、こういう本が思いがけず楽しいんですよね。(笑)

擬音とか、なべの種類とか、スーパーに置いてある商品とか。
あぁ、こんな風に言うんだ~と発見してはニマニマ。smile

というわけで、10万語現在、タドキストへの歩みは順調です。
よかった・・・挫折しなくて。(笑)catface


●多読開始から・・・ 36日目 & 43冊目

yum-yum restaurant

|

« Marcel and the Shakespeare Letters (PGR1) | トップページ | Marcel Goes to Hollywood (PGR1) »

♪つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人によって、GRと児童書のどちらをメインにするかは違うらしいですが、私も両者取り混ぜて、の方が楽しいですね。
GRだけだと窮屈になってくるし、児童書だけだと難しかった時に挫折しそうになるのでbearing

ともかく、今回はお仲間がいるので、前よりもっと楽しく読めてますよんnotes

投稿: しろぱん | 2008年10月19日 (日) 00:35

●しろぱんさん
そうそう、GRだけだと窮屈ですよね~。gawk
今考えると、以前挫折した時は、ハマれる児童書に
出会えなかったのも原因があるような気がします。coldsweats01sweat01

私も今回は一歩先行く先輩がいるので、おかげさまで
迷わずに進めています♪happy02good
ありがたや~shine

投稿: NAGI | 2008年10月19日 (日) 01:23

無事に10万語突破おめでとうございます!

GRも捨てたモンじゃないですよー。と、最近絵本率が高くなっている私が言うことじゃないですが、読みやすさでいえばGRの方が楽なのは確か。

ペンギンの古典は合わないと思ったら、すぐ投げ捨てりゃいいわけですし。って、投げ捨てる勇気ってヤツがなかなか難しい…。

投稿: 木下 | 2008年10月20日 (月) 23:24

●木下さん
あ、恐れ入ります。(^^ゞありがとうございます~bud

私的には児童書の方が萌え感があるのですが、GRももう少し語数が増えればここで唯一紹介したレベル3の How I met Myself? のようにハマれると信じて今は進んでいますです。(笑)

CERは結構いけるんですが、PGRは確かにちょっと相性合わな目のが多いんですよね。bleah
ま、でも今は自分で選んで借りてきているので逆にえり好みして偏り過ぎないようにした方がいいのかなぁと思ったりもしますが。
「つまらなかったら止める」ですよね。good

投稿: NAGI | 2008年10月20日 (月) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/42792215

この記事へのトラックバック一覧です: 10万語を超えてみて:

« Marcel and the Shakespeare Letters (PGR1) | トップページ | Marcel Goes to Hollywood (PGR1) »