« Curious George | トップページ | Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) »

2008年9月22日 (月)

見栄っ張りと挫折

多読を始めて10日たちました。
今回、手持ちの本を読み直すところから始めた英語多読。
総語数や YL を調べながら順番を選んでいたところ、驚きの新事実。。。

うちにある本は案外レベルが高い。。。!

探してみても YL が ~1.9 の本はもうありません。ガーン。
レベル2くらいだろうと思っていた児童書も3~4でした。(汗)
読みきれなかった本にいたっては4~6。。。

実は昔、洋書を読むことを続けようと思って頑張ってみたもののどうしてもスムーズに続けられなくてプチ挫折していました。

どんどん読みたいけど、どうしてもうまく進まない。
自分の英語レベルが低いのだろうとちょっと肩を落としながら、ほとぼりがさめるとまた本を物色するような感じでした。

ここ1年くらいで友人がSSS英語学習法で多読を楽しそうに続けていたのを見て、初めてレベルを分けて順を追って読んでいくという方法をきちんと知ったので、仕方がないといえばないのですが、改めて考えると見栄張ってたんだなぁ~と。(笑)

読みづらいなぁと思っても、いや、ここは根性で読みきろう!
・・・と、踏ん張っていた感じ。
GRもちょっとでもレベル高い方がカッコイイし。(笑)
辞書もバリバリ使いながら踏ん張りました。
つまらなくて当然ですね。ハイ。coldsweats01

もちろん、向上心とすればそういうのもアリなところもあるかもしれないけども、あせっていて早く結果が欲しかったのかもしれません。

いやー、教訓。焦りと見栄っ張りは挫折のもと。coldsweats01
心と YL に余裕を持ってコツコツと楽しまねば。catface

yum-yum restaurant

|

« Curious George | トップページ | Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) »

♪つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、もともと英語ができる方が陥りやすいポイントみたいですね。
私はできないくせに最初から大物に挑戦して、NAGIさんみたいに根性もなく、すぐにだめだーって投げてましたcoldsweats01

SSSを知って、無理しなくていいんだなと自分にあったレベルで進んでいくようになってから楽しくなりましたね〜。
ま、今回はほんとに自分の楽しみのためだけなので、よけいに楽に挑戦できてますgood

投稿: しろぱん | 2008年9月22日 (月) 16:50

●しろぱんさん
ひーん。そういうもんなんですかー?
いやー、でも本当にできる人は積み重ねの大切さを
知ってるもんですよね~。coldsweats01
私のはただの自信過剰かと。crying(笑)

「文の意味が理解できる」というのと「本が読める」
というのは確実に違うなと、早くも感じつつある
今日この頃です。sweat02
私も肩の力抜いて挑戦してみまーす。happy01

投稿: NAGI | 2008年9月22日 (月) 17:06

おぉ~レベル高すぎな本読みおわったとこでタイムリーな話題catface

読みたい本がおあずけになるのはちと寂しいけど
ひとまずまたケンブリッジを一冊買ってきた

でもまた本屋行ったらジャケ買いしそうやmoneybag
ティーン向けの本はキラッキラshineでまぶしいのぅ

投稿: まる | 2008年9月23日 (火) 14:25

●まる
そういえばそうだったね!シンクロ~(笑)
(記事をストックしながら公開設定でアップしたりもしてる
のでホント偶然だったんだよ。(^^ゞ)

でも、レベルが高すぎでも、まるみたいにそれも楽しみ
ながら続けられてるんだったらいいんだよ~。good
私の場合は「ちぇっ。gawk」ってつまんなくなっちゃった
から NG なのだ。(笑)

ティーン向けのshineキラッキラ本!?
興味津々。(笑)catface

投稿: NAGI | 2008年9月23日 (火) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/42540727

この記事へのトラックバック一覧です: 見栄っ張りと挫折:

» The Ink Drinker [英語のご飯]
【The Ink Drinker (Ink Drinker)】Author: E [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 12:27

« Curious George | トップページ | Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) »