« Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) | トップページ | SSS書評システム »

2008年9月24日 (水)

Big Fat Cat GOES TO TOWN (BFC BOOKS 2)

Big Fat Cat GOES TO TOWN
【Big Fat Cat GOES TO TOWN】
to Amazon
Author: Takahiko Mukoyama

========================
[SSS書評]  YL: 2.7  総語数: 4,000
========================

店を失って途方にくれるパイ職人のエドと、 そんなのお構いなしにエドのバッグの中の食べ物を常に狙う Big Fat Cat。1人と1匹は疲れきったからだを引きずりながら町の中心街へ向かいます。絶望の中、ニュー・モールの「空き店舗あり」の看板をみつけたエドはフラフラとニュー・モールへ。。。
そこで彼らを待ち受けていたものは・・・!?
●●●
切なーい。(笑)これも少しは行間が読めるようになっている証拠なのかもしれませんが、あやうく涙が出そうです。
エド、頑張れ~~。crying というか神様、エドを助けて!(笑)
◎◎◎
Big Fat Cat シリーズ第2巻。
最初に前回のあらすじも載っているのでこの巻からでも読むことができます。
前半物語、後半解説、日本語ルビも前回と同様。
巻末にニュー・モールのフロアガイドなんかも載っていてフィクションながらキャラクタや背景設定もしっかりしてる感じに好感♪
________________________
 英語のご飯 yum-yum ! : 10,271 / 1,000,000
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|

« Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) | トップページ | SSS書評システム »

◆YL:2.0~2.9」カテゴリの記事

#BIG FAT CAT」カテゴリの記事

コメント

お、追い抜かれた(笑)
ほんと、Big Fat Catシリーズはイラストのかわいさとは違って、切ない厳しい話になっていきますよね。。。weep
私も読み直したくなってきました。まだ早いかな〜。

投稿: しろぱん | 2008年9月24日 (水) 08:16

●しろぱんさん
あ、ホントですね。(笑)でも多読としてはちょい変化球ですが。coldsweats01
このくらい語数があるとある程度時間がかかるので途中で
つぶやき入れないと追われちゃいます。(笑)

そう~、かなり切ない~。crying(笑)
こんなに切なかったっけ?と思えるのは、文の意味がわかる
だけでなく、本が読めているという意味ではいい傾向だと
思っていますが、このあたりまではやや重ですよね。(笑)

この本、私もスル~っと文を追いかけつつ、ん?っと2つ
くらいセンテンス戻って、あぁ、ふんふん。なんていうの
繰り返しながら味わってる感じですよ。

SSS が推奨している読書速度なんて完全無視状態です。(笑)

投稿: NAGI | 2008年9月24日 (水) 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72609/42540737

この記事へのトラックバック一覧です: Big Fat Cat GOES TO TOWN (BFC BOOKS 2):

» Big Fat Cat GOES TO TOWN(BFC) [タドクのキロク]
Big Fat Cat GOES TO TOWN(2003/01/15)向山 貴彦商品詳細を見る その他 YL:2.5 WD:4,000 Big Fat Catシリーズ第2段ですね。 お店を失ってしまったエドが、ビッ... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 01:05

« Big Fat Cat and THE MUSTARD PIE (BFC BOOKS 1) | トップページ | SSS書評システム »